JavaScriptをonにしてご覧下さい。

YCP Japan (ヤマトキャピタルパートナーズ) 採用情報 - 育成プログラム

言語設定:
English
日本語
中文
ไทย
bt-contact
  • ホーム
  • 採用情報
  • 育成プログラム

採用情報

育成プログラムについて

YCPグループでは、クライアントへの価値貢献の最大化のため、そして、アジアを率いる経営者を輩出するというミッション達成のため、様々な育成プログラムを用意しています。

  • 1.各専門領域プロフェッショナルとのOJT

    投資銀行/コンサルティングファーム/メーカー/会計士/官僚など、YCPスタッフのバックグラウンドは多岐に渡ります。それぞれがバックグラウンドを活かした業務を遂行しており、各エリアのプロフェッショナルとアサインメントを共にすることで、各専門領域における世界基準のノウハウに基づくスキルアップが可能です。また、個人の興味分野に応じて、経営コンサルティング、マーケティングアドバイザリー、事業経営とアサインメントを柔軟に設計することで、経営者として求められる幅広いスキルを短期間でカバーできます。

    ▶バックグラウンド実例

    • コンサルティングファーム:マッキンゼー/ボストン・コンサルティンググループ/アクセンチュア/PwC
    • 投資銀行:ゴールドマンサックス証券/ドイツ証券/メリルリンチ証券/みずほ証券
    • メーカー:P&G/オラクル
    • その他:リクルート/新日本監査法人/経済産業省
  • 2.YCPアカデミー

    YCPグループとしての集合知を形成し、組織としてのラーニングを最大化するために、週1回、公式の勉強会を実施しています。スタッフのバックグラウンドに基づく各専門領域に関する講義に加えて、外部講師を招いたケーススタディやプレゼンテーション/資料作成に渡る基礎的スキル構築まで幅広くカバーしています。

    ▶YCPアカデミー トピック実例

    • ・ファイナンス:バリエーション/財務諸表
    • ・マーケティング:ブランディング/ポジショニング/商品開発
    • ・基礎スキル:PPTスライド作成/プレゼンテーション/エクセル
    • ・その他:海外市場レポート
  • 3.YCP Evaluation Criteria

    7カテゴリー/29領域/88項目にわたる評価基準を設定し、年2回の360度評価に基づく進捗を、メンターセッションを通して確認するシステムを導入しています。88項目を網羅的にカバーすることに主眼を置くのではなく、キャリアプランに応じた注力エリアを設定し、各スタッフのニーズに応じて柔軟に運用しています。

    ▶YCP Evaluation Criteria実例

    • ・Management:意思決定/組織設計等
    • ・Entrepreneur:事業戦略/商品&サービス開発/プロモーション/営業等
    • ・Investment:ソーシング/DD/バリュエーション/ストラクチャリング/資金調達等
    • ・Operation:オペレーション/経理&税務/人事&労務/法務&総務等
    • ・Expertize:機能軸/業界軸等
    • ・Skill Set:問題解決/ワークプラン/ドキュメンテーション/コミュニケーション等
    • ・Mind Set:オーナーシップ/リーダーシップ/成長意欲等