People Development

事業概要

幅広い業種に対する様々なビジネス機能を提供するマネジメントサービスや投資先での実経営経験を通したスキルセット習熟、多様なクライアントや投資先メンバーとの深いコミュニケーションを通したマインドセット習熟をベースにした経営人材育成を図っています。また社内MBAとしての機能を持つYCP Academyを通じて、コンサルティング、ファイナンス、マーケティングなど経営に不可欠なスキルを体系的に学べる機会もを提供しています。

育成プログラム

On The Job Training

On-The-Job トレーニング

コンサルティングファーム/投資銀行/事業会社/会計士/官僚など、YCPメンバーのバックグラウンドは多岐に渡ります。それぞれがバックグラウンドを活かした業務を遂行しており、各エリアのプロフェッショナルとアサインメントを共にすることで、各専門領域における世界基準のノウハウに基づくスキルアップが可能です。また、個人の興味分野に応じて、経営コンサルティング、マーケティングアドバイザリー、事業経営とアサインメントを柔軟に設計することで、経営者として求められる幅広いスキルを短期間でカバーできます。

YCPアカデミー

YCPグループとしての集合知をまとめ、組織として体系だったアプローチを可能にするために、コンサルティング・ファイナンス・マーケティングの3領域それぞれ、年2回の集中研修を実施しています。シニアメンバーが講師となり、これまでに培った各専門領域における経験・知識を共有します。また、アカデミックなアプローチと並行して、月2回の頻度で、各プロジェクトからのラーニング共有や、実務的なノウハウ共有を目的とするセッションを各地域で展開しています。

YCP Academy
Comprehensive Review

レビューシステム

業務上の学びを昇華し、次なる成長のステップを加速させるため、YCPグループでは、包括的な人事評価を年2回の頻度で行っています。「360度評価」コンセプトの下、定性評価と定量評価の両側面からのフィードバックを協働したチームメンバー全員から収集することで、シニアからジュニアという一方向ではない、透明性のある客観的な人事評価のプロセスとなっています。また、各メンバーの評価とフィードバックを拠点ごとに全体共有することで、強み・弱みを相互に認識できる仕組みを取り入れています。それぞれの克服すべき課題をチーム全体で認識することで、チーム内の理解や協力を引き出すことができ、さらなる個人の成長促進につながると考えています。

評価基準

人事評価に際しては、YCPグループ行動規範に紐づき、スキルセット/マインドセットという2カテゴリーで、18項目49要素の評価基準を設定しています。また、会社からの期待値と個人として取り組むべき課題認識とに差異が生じないように、ジュニアからシニアに至るまで、各フェーズで注力すべき要素を明確に定義しています。

Evaluation
World Map

詳細はお問い合わせください