Background Image

YCP Solidiance、タイのスマートホスピタルに関するホワイトペーパーを発表

医療機関のスマートホスピタル化は、タイのヘルスケアを大きく変えようとしています。

18 June 2021

2021年5月、バンコクにて、YCP Solidianceは新しいホワイトペーパー「タイにおけるスマートホスピタルの未来:デジタル化でタイの病院システムはどう変わるのか」を発表し、タイが抱える高齢化、医療費の増加、複雑化する医療ニーズといった問題に、デジタル化されたシステムがどのように対応できるかを明らかにしました。

2019年以降、タイの医療費はわずか4年間で21%と、一人当たりのGDPの成長率を大きく上回る速さで急増しており、医療費総額は2018年の3590億バーツから2019年には4260億バーツに拡大しています。また、2024年には人口増加率が0.3%になると予測されており、「高齢化社会」と呼ばれる状態を迎えています。

スマートホスピタルは、IoT(モノのインターネット)などの最適化・自動化されたデジタル・ソリューションを用いた医療機関と定義され、同国の医療・健康問題の解決策として注目されています。本ホワイトペーパーでは、タイの病院の現状を深く掘り下げるとともに、医療機関がデジタル主導のテクノロジーに移行するために必要な、以下の主要なインサイトをご紹介しています。

  1. 弱点を特定する:デジタル化には時間がかかるため、病院はまず、デジタル化の妨げとなる業務上の課題に焦点を当てる必要があります。
  2. 関係者の賛同を得る: IoTや人工知能(AI)などのテクノロジーへの投資に加えて、内部の関係者に信頼感を与えるために、組織開発プログラムへの投資も必要です。
  3. スタートアップ文化を取り入れる:医療機関は、差し迫った健康上のニーズをよりよく理解するために、関係者から有用な洞察を得るための分析に投資する必要があります。
  4. 相互運用性を確保する:公立病院・私立病院の両方でデジタルヘルスのエコシステムに関する成功事例を確立するためには、相互運用性が重要です。

医療機関のスマートホスピタル化は、タイのヘルスケアを大きく変えようとしています。この変革がどのように行われているか、また、貴社の事業がこの変革に参加する方法については、こちらのホワイトペーパーをダウンロードしてください。

アジア全体のビジネスに関するタイムリーな情報については、最新のニュース記事やレポートをお届けするニュースレターをこちらからご購読ください。

Share this Article